外壁塗装を業者に依頼するメリット|外壁塗装が必要な理由!家の耐久性を高めて快適な空間に!
住宅の劣化予防

外壁塗装は業者に依頼!安心して任せられる業者を見つけるポイント

外壁塗装を業者に依頼するメリット

塗装作業

専門家が行なうので仕上がりがキレイ

外壁塗装の作業はただ塗料を塗ればいいという訳ではなく、見た目をキレイにするために塗る必要があります。外壁塗装をするために、外壁の汚れを落として下地処理をして下塗りを行ないます。その後に上塗りという作業が必要なので、経験がない人が行なうのは難しいです。塗装業者では保障やアフターフォローが充実しているところもありますから、施工後に問題があってもすぐに対応してもらえます。長持ちさせるためにも、外壁塗装を専門とする業者に依頼することが1番です。

外壁塗装は危険で周りに迷惑をかける

外壁塗装を自分で行なうのは危険です。2階建ての家の高さは7~8メートルで、足場を組み立てて作業を行なわないといけません。個人で足場を組み立てるのは大変な作業のため、脚立を使用して行ないますが安定せずに倒れるので危険です。足場はレンタルすることもできますが、費用が高く大変な作業なので業者に依頼したほうがお得です。また、塗料の臭いや塗料が周りに飛び散ることもあるので、近所迷惑になります。専門業者では作業前に養生シートを使用するため、近所に迷惑をかけないように作業ができます。

安心して外壁塗装を任せられる業者を探す

京都には多くの外壁塗装業者がありますが、その中でも自分が安心して任せることができる業者を探すことが大切です。業者に依頼したことがある人達の意見から、信頼できる業者の条件をいくつか紹介します。最も注目するポイントを紹介するので、業者選びで困った時の参考にしてみてください。

外壁塗装業者を選ぶポイントを5つ紹介します!

実力のあるスタッフがいるか確認

外壁塗装業者で働いているスタッフには、資格を持っていない人もいます。塗装技能士という資格を持っているか、建設業の許可票などを確認しておけば安心です。国から許可を貰っている業者なら技術は高いです。また、塗装技能士の資格を取得できるということは、何年も外壁塗装に携わっているということなので信頼できます。業者に相談する時に、資格を持っているのか確認して技術の高いスタッフがいるか確認しましょう。

対応してくれた人の対応の仕方

業者に依頼する際は、塗装する人ではなく営業担当者が代わりに話を聞きます。その時にただ作業を行なう流れを説明するのではなく、様々な種類の塗料の効果や塗装方法について詳しく教えてくれるか確認してください。依頼した人の条件に合う塗料や塗装方法に詳しければ、初めての人でも安心できます。他にも、施工に詳しいことや作業を行なうスタッフとの打ち合わせをしっかり行なっているかも重要です。

依頼したい塗装を得意とする業者

塗装業者によっては、得意とする分野があるのでそこも確認しないといけません。屋根塗装を得意としている業者に外壁塗装を依頼しても、思うような仕上がりにならないこともあるのです。塗装業者では様々な塗装に対応していますが、全てを得意としている業者は少ないので気をつけてください。必ずその業者が得意とする分野を聞いて、その中で外壁塗装が得意なところにお願いすれば問題ありません。

塗料を3回塗っているか確認

外壁塗装は塗料を3回塗るのが基本となっていて、3回塗ることによって耐久性を高めることができるのです。中には手を抜いて2回だけ塗るという業者もあるので注意してください。見積書で塗装作業の回数が掲載されていますから、見積書は必ず目を通すようにしましょう。また、外壁塗装の作業を見て3回塗ったのか確認すれば大丈夫です。全て業者に任せるのではなく自分の目で確認することが重要です。

実際に依頼した知人に紹介してもらう

知人が依頼した業者で、満足いく仕上がりになっていれば信用できます。知人の家を訪れてその目で確かめることができますから、その業者がどのような施工を行なうのか把握できます。知らない人の口コミよりも、知っている人の意見のほうが信頼できます。他の知人にも相談して、その中で自分の希望と同じ仕上がりになっている家がないか探してみましょう。

広告募集中